読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囚活日記

18卒へと死に戻りました

人と喋るのマジ難しい

こんばんは。追いコン帰りで電車で眠らないようブログ書きます

最近家族がエビスビールしか買わない政策採ってるせいで、飲み放題とかの発泡酒飲むと何コレ不味い感が凄くて、高くて良いものはやっぱ美味しいなぁと思い知らされ、僕もまた嫌な人間になってしまったなあと思いましたハイ

人と喋るのが難しいというのは根暗人間が立ち向かうべき課題であり、永遠に解決できないものなんですよね。喋れないというよりも喋る気が起きないというのか、喋り掛ける勇気がないというのか。

喋れない人間…人との会話に楽しさを見出すのではなく、顔>声>その他>会話内容 のように「喋ること」を目的としながら、同時に顔と声を楽しみたい人間は、会話内容などどうでも良い。ゆえに会話を求められる場に放り投げられると即蒸発して死ぬ。「あ、お疲れ!乾杯!…お疲れまたね!」までの10秒間がタイムリミットである。そういう人間は会話に慣れておらず全く楽しくない返答が返ってくる。非常にキモく見えるが害は全くないので見守ってやってほしい。

喋る気が起きない人間…少人数で飲みに行く時、絶対自分も喋らないと場が回らないし雰囲気悪くなりますよね。でもパーティとか自分が一切喋らず隅で傍観してても誰も気にせず皆は喋ってるわけですよ、果たしてそこにわざわざ入っていきたいと思うかどうかなんですね。皆が楽しそうにしてるのを見るだけでも僕は楽しいので、端でニヤニヤしてる。けど他の人は一緒に会話の輪に入りたいと思うんだろうか?せっかく現状楽しそうにしてる中に入ると、会話崩れたり場違いにならへんかな?と遠慮しないのだろうか。

それが出来る人は超羨ましい。自分が入ればさらに盛り上げられるという自信があるのだろう。本当にすごい。喋る気がない、と書くよりも喋らずに楽しめる人としておきたい

喋り掛ける勇気がない人間…仲良くなりたい!喋りたい!という思いは持っているものの単純に勇気がない人間。頑張っても変な切り口でしか会話を始められないためリアルに2.3言で終了する、1番タチ悪いタイプ。たまに上手く続いたりするとその人に懐いてしまうし好きになるようなタチの悪いタイプ。自己紹介です。

まぁなんだかんだ書きましたが、この調子で大学4年間を過ごしてしまうと、最後に振り返ると誰もついて来ていない人間関係の薄さを思い知らされるので、なるべく人と喋って無理やりにでも仲良く頑張ってください